肩こりの話

痛い、つらい、肩こりを治す方法をマッサージ師目線で考えてみます

肩こりって何?

概念

項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。頭痛、吐き気を伴うことがある[1]。 日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現が用いられているが、これは日本独特のもので同症状を諸外国では首や背中の疾患として示している事が多数である。

また頸肩腕症候群の初期症状である場合もある。

 

肩こり wikipediaより引用

肩が痛い、痛い、重い、こわばった感じ、重苦しい不快感などつらい症状も人によってさまざまな表現がありますね。ひどくなると吐き気、目まい、歯が痛い、喉が閉まっている感じがして苦しい。なんて症状の方もこられます。鍼灸マッサージ師をしていると日常最も相談の多い症状 それが肩こりです

痛い(不快感)は何故発生するのか?

最も関与が関係する筋肉は僧帽筋肩甲挙筋菱形筋です。

僧帽筋

僧帽筋はシスターの帽子の形に似ている事から名前がついたとか。

首から背中まで幅広く分布するこの筋肉が肩こりの原因に関係します。

 

肩甲挙筋

肩甲骨を上に引き上げる役割のインナーマッスルです

「肩甲骨の内側の所が凝る」という方はほぼここを押すと「Oh」と声を上げて

喜んでおられます。

 

小菱形筋

大菱形筋

肩甲骨を内側に引くなどの役割を持つ菱形筋です。

小菱形筋は頸椎に大菱形筋は胸椎につきます。

よく「猫背の方は菱形筋が弱い」なんて話もします。

「背筋ピーン」なんていう動きはこの菱形筋を張る動きなのです。

その筋肉が肩こりになる訳は…

これらの筋肉が

姿勢の悪さが原因で継続的に力がかかると

筋肉の膜が肥厚したり癒着したりします。

ストレスがかかる事によって緊張。筋肉も血管も硬くなる。

硬くなった血管により、血流が悪化①

発痛物質、疲労物質が流れが悪くなり分解が遅れる②

発痛物質などが筋肉を刺激し、筋肉はより硬くなる③

①へ という負のスパイラルが発生してしまいます

それがなかなか肩こりが改善しない原因になるのです

※頸椎の変形などの神経痛の場合もあります
※血行の管理がポイント 運動不足は肩こりの根本原因に

※寝不足も神経緊張が増す為、肩こりの原因となります

目からくる?

目が疲れたり、目の機能に異常があると肩こりが現れる場合もあります。

緑内障(眼圧が上がる病気)のうち慢性緑内障の初期症状には肩こり・頭痛・眼精疲労・蛍光灯の周囲に虹がかかるといった症状があります。

 

目の機能には沢山の筋肉が関係します

「外眼筋」

眼球を動かす筋肉の総称を「外眼筋」と言います。

細かく説明すると6つの筋肉があり

上直筋、下直筋、外直筋、内直筋、上斜筋、下斜筋の6つで眼球を動かしています。


「内眼筋」

また眼球の内部には「内眼筋」があります。

瞳孔括約筋と瞳孔散大筋と毛様体筋です。


目を酷使する事が目の筋肉を疲れさせる事になり神経を緊張させて

首や肩の筋肉も連動して緊張させるのではないか?と考えられています。

パソコンやスマホを長時間見ていると目が疲れる→肩がこるのはその為です

 

肩こり 改善の方法 体操のススメ

肩 甲骨 ストレッチ

文章で書くには難しいので、動画を貼らせて頂きました。

マネしてやってみてくださいね。

吐き気や頭痛がある場合

首の緊張が強すぎる場合→吐き気の場合が多いのですが、脳に異常がある場合にも

吐き気を感じる場合があります。鏡で自分の目を見てみる。片方の瞳孔が拡がっている

また激しい頭痛を伴う場合は救急車を呼んで下さい。

※緊急時では無い吐き気の場合

首、背中の後ろに反らして伸ばす事と自力で押す場合は30秒持続して押して下さい。

風呂上りの方が筋肉が柔らかくなっていて効き目が出やすいです。

↑こういった便利アイテムを用意しておくと、しんどい時とても助かります

「私の愛用品です トリガーポイントマッサージボール」おすすめ

 

頭痛がある肩こりの場合

頭痛 安静にしなくてはならない頭痛(片頭痛)

ズキズキする頭痛 いわゆる片頭痛の場合はマッサージなど×です頭痛の前にチカチカとした光が見える方もいるそうです。

 

緊張性頭痛

ぐーーっと締め付けるような頭痛、温めると楽なる頭痛の場合は

筋肉が緊張して締め付ける頭痛なので血行改善、マッサージなどを

行ってください。「孫悟空の緊箍児←金の輪っか」で締められているようだ

なんて方もおられました。

簡単なストレッチ 肩こり編

簡単なストレッチ【筋膜リリース】

肩こり 治療方法

鍼治療について

鍼治療については僧帽筋を柔らかくする、肩甲挙筋の緊張を緩める

板状筋と三角筋、広背筋を緩める

を意識して鍼をすると肩こり感の消失に導きやすいと思います

(個人的見解ですし、鍼灸師は肩こり得意だと思いますので言わずもがなですね)

指圧 マッサージ 方法

指圧、マッサージについては上肢の指圧操作をきっちりやる事

指、手首のケアをしっかりする。

肩甲骨はがし、広背筋を緩める定圧

僧帽筋を細かく分けて、きちんと圧をかけていく

仙骨の操作もきちんと行う

肩こりの根本原因を消失出来ます

 

簡単なほぐし方

簡単なほぐしかた

治すツボを教えます

ツボの名前

まとめ

運動不足・同じ姿勢で長い時間過ごす

といった事が原因

僧帽筋・肩甲挙筋・菱形筋

といった筋肉が硬化

発痛物質、疲労物質の除去や分解がスムーズに出来なくなる

血流も悪化して自己修復出来ない状況になった状態が肩こり

 

運動不足→運動をする

寝不足→寝る

血流管理→運動や温める

発痛物質を流す→運動、入浴など心拍数を上げるか血管を拡張させる

硬化した筋肉、血管→ストレッチ、筋膜リリースで改善

 

という事でまとめてみました。

例外も沢山ありますし、まとめきれない事もありましたが

大部分の肩こり症状には効果があるはずです。

是非原因を見つけて、解消してみてくださいね。

 

ピックアップ記事

  1. アジが釣れた話
  2. うちの院にクレジットカード端末を導入した話
  3. マラソンで発生する痛み その1 【ランナーの痛みの原因】
  4. 11月の予約空き
  5. 予約情報です2017.10/16 月末まで
  1. 予約の話

    11月の予約空き
  2. お知らせ

    12月より一部料金改定致します
  3. お知らせ

    年末までの予約 速報
  4. マラソン・ランニング月刊誌

    大阪マラソンに向けて
  5. 予約の話

    予約状況 更新致しました
PAGE TOP