腰痛の悩みをぶっ飛ばすなら7つの事をやってみようno.2【セルフ予防とセルフ治療】

腰痛の予防法

前回の記事

腰痛の悩みをぶっ飛ばすなら7つの事をやってみよう no.1【セルフ予防とセルフ治療】
腰痛の悩みをぶっ飛ばすケア方法を2つお教えします。 骨盤を矯正する動きでもあるので、効果があります。

オリジナルで文章書いております。少しずつ書き進めているので

よろしくお願いいたします。

さて今日は3つめと4つめの予防法です

スポンサーリンク
336×280

その3.骨盤を動かそう

骨盤を動かそう。

と言われてもイメージし難いですよね。

バランスボールを用意してください

Amazonで探すならアンチバーストタイプがオススメ
SHIELDS(シールズ) ジムボール65 アンチバーストタイプ ハンドポンプ付 SBAL-65(GLD)

座っているだけでも骨盤が動かされるので

骨盤が【前傾】【後傾】している方にはとても効果があります。

運転や座ったままで仕事している方など

バランスボールを使った運動をしていると

腰痛を感じなくなりますし

ポッコリ出たお腹が凹んだりしますよ

その4.マッサージが効かない運動不足が原因の腰痛

このながーーい筋肉

多裂筋といいます

細かく分けると

頚多裂筋と胸多裂筋と腰多裂筋という

3つに分類されます

インナーマッスルという背骨を支える役割をしている筋肉で

マッサージ師が言うのも変ですが

マッサージが効きにくい場所と言えます。

【腰の付け根が痛い】場合は多裂筋が原因の事が多いです

腰をねじる動きをしてみると痛みが出ます

ここが痛くなるとなかなかマッサージでは治りません

お腹と背中と足に鍼をしないと緩まないのです。

骨を支える筋肉なので、運動不足だと発生しやすいです。

普段から歩いて運動をしていないと

筋力が低下して、多裂筋が原因の腰痛が発生してしまいます。

動作の最初に腰のつけねが痛いという主訴が多いです。

基本的なアドバイスですが歩く事が大切です

マッサージしてもなかなか治らない腰痛はコレ※だと思います

※骨の変形や骨折、内臓疾患を除く

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。