十円ハゲ(円形脱毛症)がお灸と鍼ですぐ生えた話

10円ハゲをどうやって治すか

鍼灸師をしていると円形脱毛症の相談をよくされます

※先に難しい事書いておきます(読み流してかまいません)

スポンサーリンク
336×280

円形脱毛は自己免疫疾患

本来、体の防御機能であるCD8陽性Tリンパ球が毛根部分の自己抗原(おそらくメラニン関連の蛋白)にあやまって攻撃してしまういわゆる自己免疫反応によって引き起こされる自己免疫疾患である。

CD4陽性T細胞はCD8陽性細胞とともに自己抗原への反応を助ける働きをしている。

組織学的には毛包周囲にswarm of bees(蜂の巣)といわれるリンパ球浸潤が見られる。

自己免疫反応の結果、脱毛部分の毛根組織は萎縮し障害されるが、リンパ球反応が消失すれば元通りの毛が再生される。

これらの反応にはHLA-DQB1 03など遺伝的背景があるとされる。

立毛筋付着部位にバルジ領域といわれる幹細胞がある。

この幹細胞から毛の組織のすべてが作られる。

円形脱毛症ではこの幹細胞は障害されないため永久脱毛になることはない。
なぜリンパ球が誤反応するのかは判っていないが、古くは精神的ストレスによって発症すると言われていた病気であることなどから体内でなんらかの影響を受けている可能性が高い。

しかし、ストレスを感じるとは考えにくい生まれたばかりの幼児などにも発症していることから、現在では精神的ストレスは誘因の1つではあっても主原因は体内のアレルギーが合併するなどによって自己免疫異常が引き起こされているのではないかと考えられるようになってきている。

また肉体的ストレス、ウイルス感染なども誘因の一つである

ウィキペディアから引用

ふぅ難しいデス

円形脱毛症は治らない=正解

アレルギー、ストレスなどが原因で起こるが、円形脱毛症は治らない が正解らしいです。

ただ、引き金となったストレスなどを緩和する事で対処療法として生えるというのが

正しいようで、今回もそういったケースと考えて書いていきます。

よくあるケースが

【ファーストオピニオンは皮膚科の先生】

【薬を毎日塗るもなかなか改善しない】

【鍼やったらハゲに効くらしい。と母が近所のおばちゃんから聞いた】

、、、「ってほんまなん?」

という導入が多いですね。

てゆうかオカンは何故あちこちに娘の悩み話すんでしょうかね?

有益な情報を口コミで知って、娘を助けたいから、だと、思うのですが。

円形脱毛部分は知覚鈍麻

円形脱毛が出来ている所って

鍼を刺しても熱ーいお灸をしても

感覚が鈍い事が多いです。【経験談】

だから感覚が蘇るまで鍼したりお灸したりすると

ヒヨコの産毛みたいなのが、すぐ生えてきます。

梅花鍼

(っていうかアマゾンはなんでも買えるんだなぁ)

でチクチクと刺していても生えます。

患部が感覚を取り戻すように施術してみる

鍼灸は得気をもって完了で良いと思います。

鍼やお灸をして、「チクッとした」「アチチとした」感覚があれば大丈夫です。

お薬でなかなか改善しなくてお悩みの場合、近くの鍼灸院にご相談下さい。

生活習慣も見直そう

ストレスや免疫が関係している事が多いので、悪い生活習慣を見直しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする