恥骨結合炎【鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群】の治療について

恥骨結合炎(groin pain syndrome)

スポンサーリンク
336×280

【鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群】

2017年3/9日木曜日 1名ほぼ完治しました。

治療期間約3か月。歩くのも辛い恥骨結合炎をどうやって治療したのか

いろいろ情報を書いていきます。

2016年 神戸マラソンにて発症

2017年 寝屋川ハーフマラソン、ABC篠山マラソン完走

恥骨結合炎 症状

「走り終わってから、腹筋が痛い、内ももが痛い、特に下腹部が痛い」

が神戸マラソン後最初の主訴でした。

恥骨結合炎・鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群の症状は

  • 鼠径部の痛みがいつまでも取れない
  • 股関節周囲に違和感がある
  • 朝起き上がる時にとても痛い
  • 靴や靴下を履く体制が痛い
  • 椅子やソファーに座る瞬間が痛い

咳やくしゃみの瞬間下腹部に響く
といった訴えが多いです。

恥骨結合炎・鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群の治療にかかる期間とは

今回私が担当したケースでは3か月で走れるようになりました。

しかし一般的には完治まで安静にして12か月~18か月といった重症例もあります

私は完全休養よりアクティブレストが良いと考えています。

今回の方も走るのはストップしましたが、水泳を毎日2キロ~4キロ泳いで

心肺機能の向上に特化して身体を動かして貰っていました。

恥骨結合炎・鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群のリハビリとしても

水泳トレーニングはとても大切だと思います。

恥骨結合炎 治療法

ずばり腹直筋、大腰筋、内転筋、腸腰筋、大腿直筋を30秒以上の定圧

大殿筋と中殿筋を鬼押し30秒以上(肘や膝で圧迫も可)

内転筋 陰廉 足五里 あたり

スカルパ三角【縫工筋、長内転筋の内側縁、鼠径靱帯】腸腰筋を定圧30秒

横骨 気衝も定圧30秒

下腹部と陰廉、足五里はしっかり鍼を響かせるというのが重要です。

さらっと書きましたが、めちゃめちゃ秘伝の治療ポイントを公開してます

このポイントしっかり効かせれば必ず短期間で治癒します。

恥骨結合炎 ストレッチ

  1. パトリックテストの体勢でストレッチ 内転筋を伸ばす
  2. 大殿筋、中殿筋のストレッチ
  3. 腹直筋、大腰筋、腸腰筋をストレッチ

プロのサッカー選手が引退するか悩むとさえ言われる恥骨結合炎

しかし恥骨結合炎・鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群の治療は

絶対外せないポイントさえ理解していれば大丈夫です。

神戸マラソンを歩くようなペース、リタイヤ寸前でゴールして

3か月歩いても座っても痛い恥骨結合炎・鼠径部痛症候群・グロインペイン症候群が

たった3か月で治せましたので、考え方を公開しました。

【途中経過を本院ブログでも掲載していた】

いろいろとっておきの技がありますので、随時公開していきます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする